DiaryofMyLife

Diary of My Life

My favorite thing to spell out for indulgence

ロンドンでのお仕事事情

 

f:id:skrdmmk-18:20190717024909j:plain

 

少しずつ日が短くなり始めてきました。

夏が終わると、私のロンドン生活もいよいよ

カウントダウンに入ってしまいます。寂しいー!

 

ということで

今日は私のロンドン生活の中心となっているお仕事のこと♩

ご興味ある方は良かったら読んでみてください〜 ;)

 

 

スパの仕事内容

 

私が働いているHotel SPAは

地下(Basement)

1階(Ground Floor)

2階(1st Floor)      の構造で比較的大きめです。

 

レセプショニスト、セラピストの他に

スパアテンダントという役割もあり、

施術ルームや施設全般、ランドリー管理といった、

スパのお助け係といった感じでしょうか。

 

 電話は1日中ひっきりなしに鳴っているし

1日に使う大量のタオルや、施設の管理など

手が回らないことがほとんどなので、

役割分担はされていますが

大体みんなでそれぞれ助け合っています :)

 

タオル抱えて階段行ったり来たり、

施術終わったらソッコー綺麗に片付けて

水浸しのジャグジーを大急ぎで原状回復させて

息切らしながらお客様の元へ猛ダッシュ・・・

なんていうのは日常茶飯事!

 

フランス発祥のホテルなので、挨拶は必ず

「bonjour!」 なんてカッコつけて言わなきゃいけないのですが

満面の笑みを浮かべながら、滝汗 ^^; 

 

 

過去に”セラピスト”のことについても書いてますので併せてぜひ♩

www.lorve.me

 

トレーニングのこと

 

一般的なホテルのスパ・サロンは

美容+リラクゼーションを主としているので

セラピストは大概、全般できます。

 

というか、イギリスのセラピストは(他国もかな?)

リラクゼーション+エステティックが基本。

だから、大体の学校では

アロマセラピーやホリスティックマッサージに加え、

脱毛・ネイル・アイラッシュ・美容フェイシャル(機械含む)

など、それら全てを学ぶことができます。

 

www.lorve.me

 

☝︎ こちらでも触れていますが

NVQ(全国職業資格)レベルに応じて

出来る範囲も変わってきます。

 

ちなみに私が今取得中なのは

NVQレベル2 General Beauty です*

 

セラピストとして働くにはまず、

いずれかの有効な資格を取得して面接に臨みます。

 

就職先のスパによって差異がありますが

そのスパオリジナルのメニューとかもあるので

その場合、トレーニングを受けます。

 

私が働くスパでは

アーユルヴェーダなど、

各国のインスパイアメニューがあるので

それらの技術トレーニングや

フェイシャルの製品トレーニングも行います。

外部トレーニングに行けたりも。

あと、スパで扱う製品は頑張って売らねばならぬ。

 

通常のノーマルトリートメントは

皆んなそれぞれ異なっているし、それで大丈夫。

絶対に皆んな同じ手法じゃなきゃダメ!

みたいなことは、全くありません。

(まぁ、そりゃそうよ、皆んな手が違うのだから。)

 

だから、基本のキ のトリートメントスキルさえあるなら

あとは学ばせて下さい!!!!

って感じでゴリゴリにアピールすれば大丈夫◎

私はそうした、超前のめりで、半泣きで。(笑)

 

 

社員と派遣の違い

 

結構主流なのが、派遣セラピスト。

私が働くスパにもよくいらっしゃいます。

 

彼らはエージェントに登録して

そこを介して、派遣先へお仕事に行きます。

 

もらえる額は派遣会社によって違うと思うのだけど

五つ星ホテルに多く派遣されるようなエージェントは

比較的高いのではないでしょうか。チップももらえるし。

 

ただ、その分めちゃめちゃ働かされている・・・

ある派遣さんはとあるスパで、

休憩ももらえずギュウギュウに予約入れられて

まじであれはしんどかったって言ってました。ブラック・・・

 

ただ通常派遣さんは、自分のペースでお仕事できるので

フレキシブルな点はとても羨ましい♩

 

あと色んなスパに行けるので、

なんかすごく経験値上がりそうだし楽しそう!

(実際、皆さん楽しいよ〜って言ってます♪)

 

ホテルの社員食堂はどこも基本的にフリーなので

色んなホテルのごはん堪能できるのもいいですよねぇ〜

 

ていうか、社食フリーって

私目ん玉飛び出るくらいビックリしました!!

日本で働いていた大手の老舗デパートでも

社食はお金かかってたよ・・・

 

 

社員であることのメリットは

やはり福利厚生、的な待遇ですね。

 

まずお給料の面では

年収が保証されている+歩合(店販・施術)+チップ

(チップは完全にポケットマネーです☆ わーい)

 

私が働いている会社(ホテル)は

色んな特典があり、スタッフイベントも多くあります♩

 

あとこれは、たぶん私がいた環境がちょっと特殊だったのか

今まで私は有給なんて取ったことが一度もなかったのですが

有給はしっかり取れます!

 

むしろ、早く取りなさい!って促されるくらい(笑)

 

なんか、友人の話を聞いたりしていて

日本では中々有給が取りづらい、とか

残業は絶対、みたいなことを見たりもしますが

そういう風潮はまるでなく、

そういった意味で、とても働きやすいなと感じます*

 

いい感じにゆるいし

あまり上下関係も厳しくなく、皆んながフレンドリーで

何かおかしいと思えば、それを言うことができるし

ちゃんと受け止めて答えてくれる。

 

年齢も性別も国籍も関係ない、

”個性”をすごく大事にしている印象があります。

 

それは、多国籍文化のイギリスならではなのかな?

履歴書も、性別とか年齢を書く欄がないです。

それは偏見や差別をなくすため。

 

あと言葉による隔たりも、そこまで酷くはない。

色んな国から来た、英語が話せなかった人たちが沢山いる、

だからなのか割と寛容だし、辛抱強く聞いてくれます :)

(全員ではないけど。 扱いがザツな時も勿論ある・・・)

 

 

海外で働く魅力

 

長くなってしまいましたが

これが主なセラピストとしてのお仕事内容、

ロンドンで働く現状です*

 

また何か気がついたこととか、面白いこととかあれば

随時更新したいな〜と思っています♩

なんか楽しいですよね、ウラ話的なの。(笑)

 

 

時折、海外で就職するためのアドバイスを下さい!と

ご連絡をいただくことがありますが、

個人的に具体的なアドバイスをすることは難しいです。

というより

それは自分で実際に体験していく中で

得られるものだと思うから。

 

 

もし海外に行くチャンスがあって

就職したい!っていう強い気持ちがあるなら

それは存分に生かすべき!

そしてその強い決意は、どんな時も自分の支えになります。

 

最初の一歩は誰でも怖いし

知らないところへ行くのは孤独に感じますが

そんなの最初だけ。

 

なんで海外に行きたいのか

なんで働きたいのか

どんな自分になりたいのか

 

そういうことを繰り返し自分の中で問い続けて

周りに流されない、ブレない強い軸を築いていけば

どこでも、なんでも出来ると思います :)

 

自分の強みも弱みも知って、自分に何ができるのか、

何がしたいのか。英語が話せるとか、技術があるとか、

そういう人は山ほどいる中で、一体自分はどうなのか。

 

自分の中で答えを明確にしていれば、あとは相手に伝えるだけ。

言葉も大事だけど、それは気持ちだな、って今まで何度も感じてきました。

 

 

▽ こちらでは具体的な面接の流れやポイントを掲載しています♩

www.lorve.me

 

 

こんなエラそうに何様だよって感じですよねスミマセン(笑)

私もまだまだ挑戦したいことは沢山あって、

それを出来る環境に、本当に感謝しているし

この自由を目一杯楽しまなきゃ!って感じがしています。

 

ということで

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます*

また書きます ✏︎

 

f:id:skrdmmk-18:20190711065218j:plain

先日、晴れた日のHampsted Heath *

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村