DiaryofMyLife

Diary of My Life

My favorite thing to spell out for indulgence

海外就職のための面接対策!

 

f:id:skrdmmk-18:20180912073021j:plain


今回は、こちらの記事でも少し触れた

面接対策について具体的に書きたいなと思います :)

 

 

英語での質問への対処法

 

当たり前ですが、面接行ったら全部英語。

それだけで頭真っ白になりそうだったので

もう全て暗記してしまえ!という付け焼き刃作戦を決行。

(※ あくまで私個人のやり方なので、悪しからず。)

 

 

① 質問を覚える(質問内容を把握しておく)

「面接 英語 質問」とかって検索すると

割と就職時のポイントとか例文が出てきます。

 

www.eikaiwanow.com

 

音声があるサイトとかyoutubeとかもかなり使いました!

頭に英文が入っていたとしても

実際に聞き取りができなければめっちゃ焦ります。

周りにネイティブレベルの人がいたら、

シミュレーションに協力してもらうと◎

 

②質問に対する答えを考えておく

これは日本での就活時も同様のことですが

ある程度の答えを用意しておくと慌てずに済みますよね。

 

私は、質問内容に対する答えをまず日本語でノートに書き出し

改めてじっくりと考えました。

ブログの最後に例文を載せたいと思いますが、一番手こずったのは

「「あなたについて教えてください」」

自分について説明する、って難しいし

まして突然そんなこと言われた日にはもう、パニック。

 自分の中で日本語でも良いから

答えがちゃんとあれば、どうにか伝えられると思います。

 

そのあと、私は如何せん英語力が乏しいので

翻訳アプリやネットを多用して、それらを全て英訳し

英語ペラペラな友人に添削してもらいました。

 

③ひたすら感情込めて音読

丸暗記っていうと、それはダメだとか無意味だとか

ネットにはかなり書かれていました。

それはたぶん、いかにも暗記してます〜って伝わってしまうから。

だから自分の言葉になるまで、ひたすら音読!

感情込めて(ここ重要!笑)音読!

 

④完璧に話そうとしないこと

ここまでやっても無理なものは無理です。

面接の練習をしているとき、

「これは英語のテストではないんだから」

と言われて、スッと気持ちが軽くなりました。

単語を繋げたようなカタコトでも、

相手の目を見て、伝えたい言葉をしっかり発せば

相手もそれを聞こうとしてくれます。

焦らずに、ゆっくりと。

 

 

一般的によく聞かれる例文

 

なんだか思い出して緊張してきた。(笑)

 

最後にポーランド人の友人が実際に使っていたという

面接対策用の例文とそのポイントを記載したいと思います*

 

f:id:skrdmmk-18:20180912073046j:plain

☝︎ わざわざ印刷してくれた心優しい友人・・・( ; _ ; )

 

 ⒈ What can you tell me about yourself?

(あなたについて教えてください)

ー 脱線せずに要約して話す。詳細は全て履歴書に記載されているから

 強調したい部分にだけ焦点を合わせます。

 

⒉Can you list your strengths?

 (あなたの強みは?)

ー 「有能」「勤勉」は誰でも主張することができます。

      代わりにあなたが上手くやっていることの具体例を3つ挙げる。

 

⒊ What weaknesses do you have?

(あなたの弱みは?)

ー  弱点が無いとは決して言わないこと。

     弱点を知っていることは強みであることを忘れないでください。

  あなたは自分に正直で、弱点を改善する能力があると主張できる。

 

⒋Why should I consider hiring you?

 (あなたを雇うべき理由は?)

ー 希望の職種に優位な資格がある場合はそれを強調すること。

  今あなたにできる事、あなたがどれほど熱心かを伝える。

  しかし他の応募者が、あなたと同じ適性か

  もしくはそれを上回る可能性があることを忘れないでください。

 

⒌ Where do you see yourself five years from now?

(今から5年後の自分はどこにあると思いますか?)

ー これはあなたの野望や目標について話せる良い機会です。

  あなたが就きたい職種からの昇進について触れても大丈夫です。

  雇用主は決断することができる人材を雇いたいと考えるので

  恥ずかしがらずに、自分の意見を述べましょう。

 

⒍ Why do you want to work here?

(なぜ弊社で働きたいのですか?)

ー これはあなたが働きたい会社について

        調べたことを示す良いチャンス。

  あなたの前職について否定的なことを言うのは避けてください。

 

⒎ What is your salary expectation?

(あなたの給料予想は?)

ー この質問の答え方によっては人格を見極められる。

  数字を特定しなくても大丈夫です。

  例えば、医療・年金・休暇も給与に含めて話すことができます。

     また他の類似する仕事の報酬率を知っておくこと。

 

⒏ What motivates you?

(動機はなんですか?)

ー 成功してキャリアを築くため、家族のため、など

  モチベーションは個人的なものなので間違った答えはありません。

 

⒐ What makes a good team player?

(何が良いチームプレーヤーを作ると思いますか?)

ー 多くの人はCVで、協力して仕事をしている、

  あるいはチームプレーヤーだと答えるが具体例を出す人は少ない。

  これはあなたが所属するクラブや団体を例に挙げる事ができます。

  この質問に上手く答えることは、

  チームリーダーや部署を管理したい人にとっては特に重要。

 

⒑ Is there anything that you would like to ask me?

(何か質問はありますか?)

ー 必ず少なくとも1つの質問は事前に用意をしてください。

  面接者がその仕事について言及したことを拾い、

  それについて掘り下げ拡張するように頼むことは良い事例。

  それはあなたが興味を持っているように見えるだけでなく、

  あなたが言われたことを注意深く聞いていることを示します。

  面接者にあなたの良い印象を残せるはずです。

 

 

 

 

新しい環境に身を投じることは簡単ではないし

不安も恐怖も孤独もたくさん感じますが

代わりに、

刺激と励ましと知恵をくれる素敵な人たちとの出会いもある*

私1人では決して達成できなかったなぁとつくづく思います。

頂いた知恵は、また誰かの役に立てることを願って

細々とですがシェアしていきたいと思います〜♪

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村