DiaryofMyLife

Diary of My Life

My favorite thing to spell out for indulgence

癒されひとり旅 ⒉

 

f:id:skrdmmk-18:20180110034402j:plain

 

バスツアーの旅、続編です✳︎

 

素敵なホテル

 

1日目を終え、18時過ぎに宿泊先へ。

着いた頃は空が晴れていて、

満天の星空を見ることができました!

 

1595年創業という歴史ある素敵なホテル。

お部屋がすっごく可愛かった♩

 

f:id:skrdmmk-18:20180110013105j:plain

 

f:id:skrdmmk-18:20180110013114j:plain

 

夜ごはんは含まれないプランでしたが

エントランスの横にレストラン、バーがあり

ツアーで一緒のアメリカ人の女性、

オーストラリア人の女性と食事することに✳︎

 

途中、ガイドのお兄さんも加わり

みんなでワイワイとお話して楽しかった^^

 

 

ただ言葉を理解しきれず

頭をフル回転させながら今日1日を過ごして、

部屋に戻ってからはどっと疲れが押し寄せたので

久しぶりに湯船にお湯をはってのーんびり。

ぐっすり眠れました♩

 

 

伝統的な朝ごはん

  

朝は、レストランにて

フル・ブレックファストをいただきました✳︎

 

f:id:skrdmmk-18:20180110013139j:plain

 

まだ、こちらに来てから

こういうのに出会ってなかったので嬉しい!

イギリスで伝統的な朝ごはん♪

美味しかった!

 

f:id:skrdmmk-18:20180110013126j:plain

 

シリアルやフルーツ、フレッシュジュースなども✳︎

 

 

スタッフさんは親切で笑顔が素敵な方ばかり、

温かみのあるとても良いホテルでした♩

f:id:skrdmmk-18:20180110013148j:plain

The Corinium Hotel & Restuarant

 

 

 

イングランドで一番美しい村

 

ホテルを出て最初に向かったのは Bibury という村。

f:id:skrdmmk-18:20180110013213j:plain

 

アーツ・アンド・クラフツ運動の先駆者、

ウィリアム・モリスがこの街を訪れた際に

「イングランドで一番美しい村」

と呼んだことで有名。なんですって。

(ウィリアムさんを存じ上げないのでWikipedia参照)

 

 

いや、でも本当に美しかった!!

f:id:skrdmmk-18:20180110013236j:plain

 

f:id:skrdmmk-18:20180110013215j:plain

 

f:id:skrdmmk-18:20180110013227j:plain

 

小さなお土産屋さんで、

ホストファミリーにハチミツの瓶を購入♩

あと自分へのお土産として

この村のイラストカードを。綺麗な絵✳︎

f:id:skrdmmk-18:20180110043019j:plain

 Cotswoldsに点在する村々に並ぶ家には全部、

コッツウォルズストーンというはちみつ色のレンガが

使われているから「はちみつ色の景色」と言われるそうです :)

 

 

ブラッディ・メアリーの教会

 

「ブラッディーメアリー」って

赤い美味しいカクテルは知っていますが

歴史的なのは薄っすらと ...

そんなこと習ったような気もする ... zzz

 

f:id:skrdmmk-18:20180110013253j:plain

 

こちらの教会は

そのブラッディー・メアリーこと

メアリー1世が祀られている教会。

 

f:id:skrdmmk-18:20180110013257j:plain

 

すごく綺麗、

でもなんとなく物悲しさを感じるような

とても静かな教会。

 

 

あとで調べてみました。

一番読みやすかったので参照させて頂きます ☟

英国女王メアリー1世は、なぜブラッディ・マリーの語源となった?

- BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

 

 

 

 

 

 

 

記事は2つにしたかったんですけどね

長くなりそうなので次で最後!

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村