DiaryofMyLife

Diary of My Life

My favorite thing to spell out for indulgence

ピンチ時のアロマケア

  

f:id:skrdmmk-18:20171229160317p:plain

 

ピンチ時のアロマケア

  

先日バイト中にジュッ!とやけどしてしまい

すぐ冷水をかけましたが

忙しい時間帯だったので結局ちゃんと対処できず

ヒリヒリと痛むし水ぶくれに ...

 

 

でもこんなとき、アロマが大活躍です :)

 

やけどにはラベンダー!

f:id:skrdmmk-18:20171229161233j:plain

 

ラベンダーには複数種類がありますが

今回使用したのは「真正ラベンダー」と呼ばれるもの。

 

原則、原液での塗布は肌への負担が大きく

刺激があるため、してはいけません。

 

そのため、全身のトリートメントを行う際は

キャリアオイルと呼ばれる植物性のオイル

(グレープシード、ホホバ、アーモンド etc... )

1%〜2%濃度に精油を希釈して使います。

 

また、肌の弱い方は皮膚への刺激を考慮し

初めて精油を使用する際には、

まずパッチテストをすることをおすすめします。

 

 

逆をいうと、

天然100%の精油はこれだけ浸透力があり

それぞれの精油が持つ効能は侮れない  ということ!

 

 

 

そこで私は時折、自分自身の身体で実験します。(笑)

なので、原液塗布は原則禁止と書きましたが

今回のやけどには

天然100%の真正ラベンダーの精油を2滴、

ちょんちょん、と患部に塗布してみることに。

 

f:id:skrdmmk-18:20171228021303j:plain

絆創膏を貼って、そのまましばらく様子を見ました♩

 

 

そして数日後 ...

 

f:id:skrdmmk-18:20171229164216j:plain

 

水ぶくれはすっかり消えました!効果テキメン♪

やけどの痕もほとんど気になりません✳︎

 

アロマセラピーの第一人者である

フランス人のルネ=モーリス・ガットフォセ

実験中に大火傷を負った際、ラベンダーを用いて

ラベンダーによる傷への治癒力を発見したことから

精油の研究を始めたと言われています。

 

 

 

適切に扱うことが何より大事ですが

リラクゼーション以外にも

ピンチ時や日頃の強い味方になってくれるので

ひとつあるととても便利です♩

 

ただ、繰り返しになってしまいますが

天然100%であることがもっとも重要。

 

量販店にも最近は様々な精油が売られていますが

残念ながら加工されているものも多いです。

 

見分け方は

ボトル(箱)に”学名”記載があるかどうか!

 

Lavandula angustifolia (真正ラベンダー)

 

これは真正ラベンダーの学名です :)

この表記は、純粋な精油にのみ付けられるので

見慣れた名前の他に、なんて読むんだこれは?!

という表記(ラテン語)を見つけたら、それは◎

 

あと、純粋な精油はお高い ...

でもお気に入りひとつあるだけで十分♩

 

 

今日はそんな感じで私の身体実験と共に(笑)

ラベンダーについてご紹介しましたが

患部に塗布する際も、

念のため最初はキャリアオイルに

混ぜて使ってみることをおすすめします。

 

※真正ラベンダーの妊娠初期〜中期の使用は

お控えください

 

 

 

 

おまけでハリーポッターみたいな夜の写真☆

f:id:skrdmmk-18:20171229031110j:plain

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村