DiaryofMyLife

Diary of My Life

My favorite thing to spell out for indulgence

特大級ハプニング(YMS 続編)

 

f:id:skrdmmk-18:20171209050939j:plain

 

 

先日YMSについて書きましたがちょっと続編。

 

結論から言うと、

まさかのビザ申請を却下されてしまい頭真っ白になり

そこからビザを正式に取得するまでのお話です。長いです。

 

またも、興味ないよって方は全力スルーでお願いします!! ><

 

 

 

まさかのハプニング

 

 

10月上旬には出発したい、と思って

YMSに当選 → オンライン申請 → 来館  まで

かなり急ピッチで進めて、あとはビザの審査結果を待つだけ。

 

よほどヤバい何かがない限り(犯罪履歴とか)

ビザは下りるだろう、と思っていたし

書類に不備がないかは再三確認したし

せっかちな私は、片道航空券の予約も完了。(笑)

 

  

仕事を辞めて約1週間後の出発予定なのに

荷造りや部屋の掃除なども全然手つかずバタバタ、

そうしている間に、あっという間に出発予定の日 ... 

 

 

 

 

 

「ビザ申請が拒否されているのでイギリスには入国できませんよ」

 

 

.... おや???

 

 

勢いよく向かった保安検査でようやく

ビザが下りていないことを知ったのでした。(アホです)

 

 

 

返却された書類には、

私のビザ申請が拒否されているという内容と、

拒否理由が記載されていたもよう。

 

f:id:skrdmmk-18:20171209063005j:plain

 

拒否理由が記載されている一部抜粋ですが、

こんな感じのがズラーっと両面、3枚綴りで

全く解読しようとしていませんでした。←

 

 

なぜ拒否されたかというのは、

「日本国籍を証明するスポンサーシップ証明書がないから」

 

... 初めてその言葉を聞いたよ。

なんのことを言っているんだかさっぱり意味不明。

 

でも空港の英語ペラペラ局員さんは翻訳してくれただけであって、

それがなんなのかは全く知りません。

 

 

その日はもうどうしようもなく、

もちろん出国もできず成田空港のロビーでおろおろと泣き

私以上に戸惑ったであろう友人たちに慰めてもらい

お家に泊めてもらえることに ... 本当にありがとう ...

 

 

 

 

原因を突き止めるべく奔走

 

 

まず、何をおっしゃっているのか意味不明なので

とりあえず翌朝、新橋のUKビザ申請センターへ。

 

 

到着するなり、入り口のガチッとした警備員さんに

かなり怪訝な顔で門前払いされ、撃沈。

 

あとで知りましたが、こちらにお勤めの方々は

委託されている代行業者のような形のため

審査関連のことは答えられない、みたいです。

(申請時も、原則は質問できません。)

 

 

どうしたものか ... とふらふら歩きながら考えて

だんだん、あれ? 私、日本人だよね??

っていう謎の疑問まで生まれたので(笑)

 

「パスポート以外に、日本人である証明ってあります?」

っていう相当とんちんかんな質問を(ごめんなさい)

パスポートを取得した東京都庁に電話したり

外務省に問い合わせてみたり

皆さま口を揃えて、「はい?」の一言でした。撃沈。

 

でもようするに、

出せって言ってる書類は発行できないって事じゃん。

ますます意味不明。

 

 

 

 

救世主、現る

  

その後も色々模索してみるが、ひたすら撃沈続き。

 

そしたら一本の電話が。

 

それは、数時間前に留守電で内容を伝えていた

ビザ代行サポートの方からの折り返しでした。

 

 

そのまま今の状況を改めて説明し、

どういう事なのかも分からない、と伝えたところ

一旦、書類を見せて下さい とのことで

メールで送ってお返事を待ちました。

 

 また同じタイミングで、

問い合わせを送っていたワーホリネットさんからも

お返事をいただきました。

 

 

そうしてようやく分かってきたのは

どこかのルートで何らかのミスか審査官の勘違いが起きたため

本来必要ない書類の提出を求めてきた  ということ。

 

YMSを認められている諸国の中に

確かに「スポンサーシップ証明書」を

提出しなくてはいけない国もあるそうです。(日本は除外)

 

結局、直接的な原因は分かりませんでしたが

英国側のミスであることを認めてもらえれば

この結果を覆すことができる!ということで

行政審査(Administrative Review)を申請することに。

 

これは却下通知が届いてから、もしその内容に

不服な場合、28日以内なら申請ができます。

 

 

 

その後は再申請用の適切なフォーマットに

正式な英文レターを作成しなければいけないので

有料ですがサポートの方に作成していただき

全ての書類を送り、結果を待ちました。

 

結果が出るまで、最大28日。

 

ひたすら長い毎日でした ....

 

 

 

 

 

正式にビザが下りました

 

 

最大、っていうのが

明日結果が来るのか、3週間先なのか

全く検討つかずだったので毎日ソワソワ。

 

叶ったと思ったことが目の前まで来ていたのに

急になくなってしまったみたいな感覚で

かなり落ち込んでいましたが

友達と会ったり、ゆっくりとした時間を過ごして ...

 

f:id:skrdmmk-18:20171209084855j:plain

 

f:id:skrdmmk-18:20171209084933j:plain

 

f:id:skrdmmk-18:20171209085654j:plain

 後半はずっと飲んでました。(笑)

 

 

 

 

そしてようやく、28日目!

ピッタリに申請許可のメールが ;;

 

 

そのメールには、

10日営業日以内にUKビザ申請センターへ行き手続きをして

審査結果が出てから2週間以内に入国しないといけない

ということが書いてあり、

さっそく翌日すぐに手続きを終え、

審査結果もすぐにきました!

 

いつでも行けるように、

荷物はすでにまとまっていたので速攻成田空港へ ... 

 

 

そしてやっと、今度こそ出発したのでした!!!

(2度目の保安検査はめちゃめちゃビビってた)

 

f:id:skrdmmk-18:20171209075726j:plain

 

 

 

 

 

出発するまでに、

まさかのハプニングでかなり疲弊しましたが

これも過ぎてしまえば良い思い出、良い経験。

 

向こうに着いてからじゃなくて良かったよね、って

友人が言ってましたが、本当その通り!

 

最初の難関でしたが

温かい友人に囲まれてどうにか乗り切れました。

 

 

今回のことは、非常に稀なケースだったみたいで

どんなことでもそうだけど、

自分は大丈夫〜♩ なんてことは無いな、と実感。

  

これからも色々なハプニングに見舞われるだろうけど

めげずに頑張ろうと思います!

 

 

あ、あと航空券の予約はビザが下りたことを

確認してからがベターですね。(笑)

 

 

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------

 大変お世話になった代行サポートのHPは こちら

 

 今回の件や、過去のトラブルなど分かりやすく

ワーホリネットさんのサイトに掲載されています。

 

workingholiday-net.com

 

---------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

  いつも見てくださりありがとうございます

 もし良かったらポチッとして下さると嬉しいです✳︎

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村